天女と花珠の違い | 真珠生産地愛媛宇和島のパール専門店 Uwajima Inoue Pearl
天女と花珠の違い

天女と花珠の違い

一番きれいな真珠は花珠!と思われていた方が多いと思いますが、

いま現在、「一番きれいな真珠のランクは天女」となっております。

なにそれ?と思われた方、ごもっともでございます。
今回は、そんな謎多き、花珠と天女の違いを解説していこうと思います。

  1. 天女は新しくつくられた品質ランク
  2. 天女とは「すごくきれいな花珠」のこと
  3. まず花珠ありき
  4. 天女と花珠はどこが違う?
  5. てり(輝き)の違いってどれくらい?
  6. 天女のなかでも価格が違うのはどうして?
  7. ギリギリ天女がいちばん良いのか?
  8. 真珠はそれぞれ品質がちがう
  9. 天女の選び方
  10. 調色(染色)をしているかどうかの違い
  11. 当店の天女について

天女は新しくつくられた品質ランク

オーロラ天女の鑑定書

天女とは、真珠科学研究所によって2015年ごろからつくられた、新しい品質ランクです(正確にはオーロラ天女といいます)。

花珠は20年ほど前から作られているので、花珠よりだいぶ新しいものということになりますね。

天女とは「すごくきれいな花珠」のこと

品質ランクのピラミッド

ではなぜ、最高品質だと思われていた花珠の上に、新しい品質ランクをつくったのでしょうか?
著者の推測なのですが、おそらく花珠の品質の範囲が広すぎたというのが原因のひとつではないかと思います。

花珠は「てり(輝き)」の要素において、そこまで厳正なハードルを設けていませんでした。

結果「てりがすごく良い花珠」と「てりが普通な花珠」があり、
同じ品質ランクの鑑定書でありながら「高価な花珠」と「安価な花珠」が市場に混在してしまっていた状態でした。

そんな状態を解決するため、オーロラ天女の品質ランクが作られたのではないかと推測します。
つまり、オーロラ天女とは「花珠のなかでもトップクラスの、すごくきれいな花珠」といえるかと思います。

まず花珠ありき

おそらくこのような経緯から、オーロラ天女は、オーロラ花珠に合格した真珠の中から選べばれることになります。

まず花珠に合格しなければ、オーロラ天女に合格することはできません。

天女と花珠はどう違う?

では、天女に合格するには、どんな条件が必要なのでしょうか?

その条件とは、てり(輝き)の要素が優れていることです。

キズや形の優劣は関係ありません。
調色(着色)か無調色(無着色)かも関係ありません。

花珠と天女を分けるものは、てりがごく強いかどうかという一点だけなのです。

オーロラ天女とあこや貝殻

つまり、天女とは「てり(輝き)がものすごくキレイな花珠」と言えます。

てり(輝き)の違いってどれくらい?

「じゃあ、そのてり(輝き)の違いってどれくらいなの?普通の人が見ても分かるの?」
と思われる方もいらっしゃるかと思います。

実は、花珠と天女の差は、プロでもときどき間違えるくらいの差です。

宝石全般にいえることなのですが、
品質が上がれば上がるほど、少しの品質の差が、大きな価格の差になります。
(ダイヤモンドに詳しい方なら、VSとVVSの差を考えて頂ければ分かると思います)

天女と花珠

写真では分かりづらいですが、上記を見て頂くと、天女の方が、輝きの色が濃い感じになっているのが分かるでしょうか?
実店舗にて実際に並べて見て頂くと、天女の方がキレイだね、と皆さん納得いただけるようです。

天女のなかでも価格が違うのはどうして?

天女が最高級で、天女は全部一緒の値段なのね、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
残念ながら、そういうわけではありません

天女であっても、ある一定の品質をクリアしましたよ、という証拠でしかありません。

ものすごく品質がよくて、ものすごく高価なスペシャル天女も存在しますし、
なぜかギリギリ天女に通ってしまった、安価なギリギリ天女も存在します。

とはいえ、スペシャル天女もギリギリ天女も、見た目がすごーく違うかといえば、すごーくは違いません。

ギリギリ天女がいちばん良いのか?

じゃあギリギリ天女でいいじゃん、それで問題ないじゃん!
と思われる方、確かにそうかもしれません。否定できません。

ですが、個人的な印象ですが、ギリギリ天女を扱っているお店は、真珠へのこだわりがないお店が多いです。

天女の鑑定書がついてたら、安ければなんでもいい。
いわば、売れればなんでもいい的な店が多く、仕上げやアフターメンテナンスなどはおざなりな店が多い印象です。

真珠はそれぞれ品質がちがう

そもそも、真珠は自然が作った宝石です。工業製品とは違います。

テレビなどの工業製品であれば。同じ品番の商品なので、どこが安いかどこがお得か、価格コムなんかで調べることができます。
しかし真珠はそうではありません。真珠は自然が作ったものであり、一つ一つの品質に個性があり、少しずつ違う物なのです。

天女の鑑定書であっても、ある一定のハードルをクリアしたという証拠でしかありません。

天女も、一つ一つの個性があり、単純に比較するのは難しい、ということを頭に入れていただければと思います。

天女の選び方

かといって、「真珠はそれぞれ違うから。比較なんかできないから。」とかいっていたら、一生選ぶことはできません。

  • 天女は、厳密な区分ではなく、品質に若干の差がある。よって価格もちょっと違う

ということを念頭において頂き、

  1. 調色(染色)が行われているかどうか?
  2. 信頼できるお店なのか?
  3. オプションが充実しているか?
  4. アフターメンテナンスがしっかり行われるか?

などの点に注意して選んで頂ければと思います。

調色(染色)をしているかどうかの違い

天女のなかの大きな違いとして、調色(染色)をしているかどうか?という違いがあります。

調色(染色)は、真珠に対して行われる伝統的な加工処理ですので、調色(染色)している真珠であっても、天女に合格します。

しかし、近年は無調色(無染色)の真珠の人気も高く、無調色(無染色)の方が価格が高くなります。

鑑定書の備考を見れば、分かるようになっているので、ご注意頂ければと思います。

真珠鑑定書の備考欄

当店の天女について

ここからは当店で扱っている天女についての説明です。

当店は、ギリギリ天女は扱いません。十分に検査合格する品質の天女を扱っています。
我々の目から見てベストな品質の真珠です。

また、最高品質の真珠に調色(染色)を施すのは、もったいない、と思いますので、
全て無調色(無染色)で取り揃えております。

イヤリングピアスの金具や、留め金具、保管ケースに至るまで、考えられる限りでベストなフルオプションでお作りします。

また、ご購入後の長さ調整は無料。以後のアフターメンテナンスも無料で行っております。

オーロラ天女無調色ネックレスセット

是非ともご検討頂ければと思います。

なお、真珠の選び方をまとめた小冊子を無料配布しております。是非ご利用下さい。

以上、花珠と天女の違いと、天女の選び方を解説してみました。

真珠のネックレスは高価な買い物です。
後悔しないよう、是非ともゆっくりとご検討頂ければと思います!