パールネックレスの種類と選び方 | 宇和島イノウエパール Uwajima Inoue Pearl
Home > 真珠の選び方 > パールネックレスの種類と選び方

パールネックレスの種類と選び方

真珠ネックレスといっても、その種類は様々です。
ここでは、パールネックレスを購入する際に考えるであろう、「長さ」「種類」「色」「価格」の4点から、パールネックレスを分類して解説していきます。

ペンダントとネックレスの違い

ペンダントとネックレスの違い

一粒だけぶら下がっている写真のジュエリーもネックレスと呼ぶこともありますが、
厳密には、一粒だけのジュエリーは「ペンダント」です。

正式な場面で使われるのは、真珠がたくさん連なったネックレスです。
ペンダントはカジュアルな場面で使われることが多いです。

この記事では、真珠がたくさん連なった「ネックレス」について説明していきます。

長さで選ぶ

パールネックレスの長さの種類

ざっくり分けると、「チョーカー(ショート)」と「ロング」「2連3連多連」の3種類です。

  • 入学式、卒業式、お葬式などのきっちりした場面で使われるのが、40cm前後のチョーカー。
  • 結婚式やパーティーなどで華やかに使われるのがロング。

一般的にネックレスといえば、40cmくらいのチョーカーを指すことが多いです。

チョーカー(ショート)とロングのどちらを選ぶか、で迷われるのあれば、 1本目は定番のチョーカー(ショート)を選ぶことをお勧めします。

ロングはキッチリとした場面では使えないこともあるので、二本目以降がオススメです。

それぞれについて説明します。

チョーカー(ショート)のパールネックレス

40cm前後の長さです。きちんとした場面で使われることが多い長さです。

使われる方の首元にあわせて微調整をすると、綺麗に着用できます。 スリムな方は38cm、ふくよかな方は45cmなど、最大で10cmくらいの微調整を行います。

ロングのパールネックレス

60cm以上のネックレスは、ロングに分類できます。 チョーカー(ショート)に比べると、遊びの要素が強く、パーティーなどに使われます。

  • 60cm(マチネー) 胸元あたりまで垂れる長さ。クラシカルな雰囲気。
  • 80cm(オペラ)お腹の中ほどまで垂れる長さ。現代ではロングの定番。
  • 120cm(ロープ)腰の下あたりまで垂れる長さ。2連に巻いたり結んだりして使用。

詳しくは、下記の記事をご参考下さい。

2連3連多連のパールネックレス

2連、3連など、パールを重ねた形で作ったネックレス。かなり華やかな印象が出ます。

使用シーンが限られるため、現在ではあまりメジャーではありません。

重ねて使いたい場合は、ロングネックレスを重ねて2連用のようにして使うことが多いようです。

真珠の種類で選ぶ

真珠の種類一覧

真珠とは生物である貝から生み出された宝石です。元となる貝には様々な種類があります。 元となる貝が違えば、見た目も違います。

色々な真珠の中でも、定番のパールネックレスといえば、日本国内で生産されるアコヤ真珠です。

それまで極々限られた王族貴族のものだった真珠が、世界中の一般の人々の身に付けられるようになったのは、 明治時代の日本で、アコヤ真珠が養殖生産され始めたのが始まりです。

その後、様々な種類の真珠が養殖されるようになりましたが、 今でも、世界の真珠のスタンダードスタイルは日本の養殖真珠を元にしています。

そのスタンダードスタイルを元にして分類すると、以下のような印象があるかと思います。

アコヤ真珠のネックレス

アコヤ真珠のネックレス

結婚式、入学式、卒業式、お葬式。きちっとした場面で使われる、日本の伝統的なジュエリーです。きめ細かく奥深いテリ(輝き)が魅力。

特徴

3mm〜10mm程度の比較的小粒な大きさ。真円が主で、ホワイト系の色あい。

印象
  • キッチリ 清楚
  • ファーストパールの定番

タヒチ黒蝶真珠のネックレス

タヒチ黒蝶真珠のネックレス

孔雀の羽色のピーコックカラーが有名。お葬式で使われることが多いですが、大人でラグジュアリーな感じで使うと良いかと思います。

特徴

いわゆる黒真珠。自然と黒い色が出る。10mm以上の大粒が主。

印象
  • お葬式で使われることが多い。
  • 明るいピーコックはゴージャス感。

南洋白蝶真珠のネックレス

南洋白蝶真珠のネックレス

大粒でシャイニーな輝きが魅力。ゴージャスに身につけるのであれば、アコヤより断然南洋白蝶が良い。派手なのでお葬式には避けた方が無難。

特徴

大粒の真珠が多い。アコヤに近い色だが金属的な輝き。強い黄色はゴールドと呼ばれる。

印象
  • 大粒ピカピカでゴージャス
  • マダム感 セレブ感

池蝶淡水真珠のネックレス

淡水真珠のネックレス

形のいびつなバロックが多い。様々な色あり。近年はきれいで高価なものもある。湖水真珠とも呼ばれる。

印象
  • 安価
  • カジュアル 日常使い
解説

安価なため、日常使いに惜しみなく使えます。それゆえに、キッチリした場面では安っぽいかも。結婚式やパーティーでは、重ね付けしたり、他と組み合わせて使うと良し。

色で選ぶ

一般的には、ホワイト系の真珠がイメージしやすいかと思います。

パールネックレスの基本はホワイト系ですが、 現在では、ブラック、ゴールド、ピンクなど、様々な色の真珠があります。

それぞれの色のネックレスの特徴を解説します。

ホワイト系のパールネックレス

ホワイト系パールネックレス各種類の一覧

アコヤ真珠のホワイト系ネックレス

定番のホワイトパール。8mm程度の適度な大きさで、うっすらとピンクが入る。

南洋白蝶真珠のホワイト系ネックレス

ビッグサイズでゴージャス。アコヤ真珠より金属的な輝き。グレー系が多い。

淡水真珠のホワイト系ネックレス

カジュアルによく使われる。小さなサイズ、歪な形のバロックが多い。

ブラックのパールネックレス

ブラック系グレー系パールネックレス各種類の一覧

タヒチ真珠のブラック系ネックレス

ナチュラルカラーで黒い色が出る。10mm以上のビッグサイズが多い。レッド系(茶色系)やグリーン系の干渉色が多い。グリーンの強いものはピーコックと呼ばれる。 着色をしない黒真珠では、このタヒチ真珠ネックレスが最も一般的です。

アコヤ着色のブラック系ネックレス

アコヤ真珠を着色して黒真珠にすることもあります。現在ではあまり見かけませんが、時々出回るので、ご注意下さい。

グレーのパールネックレス

ブラック系グレー系パールネックレスの違い

アコヤ真珠のグレー系ネックレス

異物の混入により暗いブルーの色になったアコヤ真珠。グレーもしくはブルーと表現されます。かなり濃い色合いでも黒色にはなりません。 色の薄いグレー系アコヤ真珠は、白とあまり変わらないので、できるだけ濃い色を選ぶことをお勧めします。 タヒチよりも優しい色で、サイズも小さく、お葬式でも使いやすいネックレスです。

タヒチ黒蝶真珠のグレー系ネックレス

タヒチ黒蝶真珠でも、色の薄い真珠はグレーになります。アコヤ真珠よりはっきりとした色です。 10mm以上の大粒の真珠が一般的。お葬式でも一般的に使われます。

南洋白蝶真珠のグレー系ネックレス

南洋白蝶真珠でもグレー系の真珠ができます。10mm以上のビッグサイズが多い。 派手な印象の真珠が多いので、お葬式用として使われることは少ない。

ゴールドのパールネックレス

ゴールド系パールネックレス各種類の一覧

南洋白蝶真珠のゴールドパールネックレス

濃いイエローの色と、ごく強い輝きをあわせ持つ南洋白蝶真珠を、ゴールドと呼びます。 10mm以上の大粒の真珠が多く、華やかなイメージの真珠です。 ゴールドパールといえば、南洋白蝶真珠が一般的です。

アコヤ真珠のゴールドパールネックレス

アコヤ真珠にも、濃いイエローと強い輝きをもつ真珠は、ゴールドと呼ばれます。 アコヤ真珠はしっとりとした輝きですので、華やかさは南洋白蝶真珠に劣ります。 8mm程度の小粒の真珠がメインです。

ピンクのパールネックレス

ピンク系パールネックレスの各種類の一覧

アコヤ真珠の着色(調色)ピンク

アコヤ真珠は着色(調色)を行うことが一般的です。強い着色(調色)が行われた真珠では、はっきりとしたピンク色になります。 以前は強いピンク色が人気でしたが、近年ではナチュラルな無調色もよく知られています。

ピンク系の真珠は、日本人の肌に馴染みがよく、身に付けると色が目立たなくなるので、 アコヤ真珠のピンクであれば、お葬式にも問題なく着用することができます。

アコヤ真珠のナチュラルピンク

着色(調色)を行っていない無調色の真珠にも、ピンク色の輝きが見られます。 うっすらとしたピンクなので、着色(調色)に比べて控えめな色あいです。

ナチュラルな上品な色あいですので、お慶びごと、ご不幸ごと、 フォーマルな場面に最適なパールネックレスです。

調色と無調色の違いについては、下記の記事で詳細しております。

淡水真珠のピンクパールネックレス

地色にはっきりとしたピンクの色がついた真珠です。3mmの小粒から10mmを超える大粒まで、様々なサイズがあります。 形の歪なバロックが多く、安価なので、カジュアルに身に付けられます。 淡水のピンクは鮮やかな色なので、お若い方が、結婚式などの華やかな場面で着用することが多いようです。

マルチカラーのパールネックレス

南洋白蝶真珠とアコヤ黒蝶真珠のマルチカラーネックレス

南洋真珠、タヒチ真珠など、様々な真珠を組み合わせて作ったカラフルなネックレス。 主に華やかな場面で着用します。ご不幸ごとでの着用はNGです。

価格で選ぶ

予算を決めて何を買うかを決めることは、現実的であり、賢い選び方だと思います。

ここでは、価格帯ごとの、品質の目安を解説していきます。

一般的に、予算毎で選ぶことができるであろうパールネックレスを解説しようと思います。

1万円以下のパールネックレス

フェイクパール

コットンパール、貝パールなど、本物に似せた偽物のパールネックレス。 安価に、フォーマルネックレスの代用として、気軽に購入することができます。

予算が少ない場合は、低品質の真珠を買うより、フェイクパール等を選択するが良い場合もあります。

1万円以下の淡水真珠ネックレス

1万円以下の予算でも、淡水真珠であれば、本物の真珠を手に入れることができます。

ただ、サイズが小さかったり、歪な形であったりすることがほとんどです。

安価な淡水真珠は、アコヤ真珠のフォーマルネックレスの代わりにはなりません。 ファッション的に使う、アクセサリーとしての使用をオススメします。

5万円〜10万円程度のパールネックレス

アコヤ真珠、タヒチ黒蝶真珠、南洋白蝶真珠などでも、5万円〜10万円程度のネックレスは存在します。 ですが、品質の低いものがほとんどなので、あまりオススメできません。

10万円〜20万円程度のパールネックレス

アコヤ真珠、タヒチ黒蝶真珠、南洋白蝶真珠などで、一定の品質のパールネックレスが購入可能です。 最高品質というわけではありませんが、上手に選べば一生ものの品質の真珠が手に入ります。

30万円程度のパールネックレス

最高品質のパールネックレスが購入可能な価格帯です。 特別大きなサイズでなければ、アコヤ真珠、タヒチ真珠で最高品質のものを選ぶことができます。

50万円以上のパールネックレス

アコヤ真珠ネックレスでは、50万円以上のネックレスはめったにありません。 例外があるとすれば、9mm以上のネックレス、二本分の素材を使うロングネックレスなどです。 もし50万円以上のアコヤ真珠ネックレスを見かけたら、なぜそんな価格なのか一考することをオススメします。

タヒチ黒蝶真珠、南洋白蝶真珠のネックレスであれば、100万円クラスのネックレスも多く存在します。

まとめ

以上、パールネックレスの様々な種類を見てきました。

総合的に見て、日本産アコヤ真珠の、ホワイト系で首元に沿うチョーカータイプが万能に使えるかと思います。

アコヤ真珠ホワイト系チョーカーは、皇室の方々にも愛用されている定番のジュエリーです。

なお、急ぎの法事などで急にパールネックレスが必要になった場合、 偽物のフェイクパールで間に合わせてしまうことも、アリだと思います。

品質の低いパールネックレスは、輝きが劣ります。 宝石に詳しい人にとって、偽物を見分けることは難しいですが、低品質の真珠を見分けることは簡単です。

以上、パールネックレスについて解説してきました。
ぜひとも、一生に一本の、満足できる品質のパールネックレスを選んで頂ければと思います。
ご参考になりましたら幸いです。