真珠ができるまで | 宇和島イノウエパール Uwajima Inoue Pearl
Home > 真珠の選び方 > 真珠ができるまで

真珠ができるまで

真珠のスタンダードといえるアコヤ真珠の養殖は、日本で始められ、今でも、日本が圧倒的なトップ生産を誇っています。
そんな真珠養殖について、真珠貝が生まれ育ち、真珠が出来上がり、製品となるまで、その歩みを解説していこうと思います。

3つの業者によって真珠が出来上がる

大きく分けて、以下の三つの工程を経て、ジュエリー製品となります。

  • 母貝業者の仕事/真珠を育てる母貝を育成する(2年)
  • 真珠養殖業者の仕事/真珠を養殖する(1年〜2年)
  • メーカーの仕事/製品へ加工する(半年〜1年)

稚貝を生み出す

宇和海の真珠養殖筏

アコヤ貝の赤ん坊である稚貝。
稚貝は、古くは自然の海から採取されていましたが、現在は、漁協などが運営する種苗センターなどで生まれます。

2mmほどに育った稚貝は、生産組合などを通して母貝業者へ配布されます。

母貝を育成する

真珠の母貝

種苗センターなどから仕入れた2mmほどの赤ちゃんの貝(稚貝)を、約2年かけて、7cmほどの大人の貝(母貝)に育て上げます。

丁寧に、掃除や手入れをすることで、真珠養殖に適した、大きく健康な貝に育てることができます。
母貝は専門の業者で行われます。愛媛県宇和島市は、母貝養殖でも日本トップの生産量を誇っています。

大人になったアコヤ貝は、11月ごろに養殖業者に引き渡されます。この母貝をもとに、1年から2年ほどかけて、真珠を育てていきます。

核入れ(3月〜7月頃 )

アコヤ真珠の核入れadobestockによる画像

4ヶ月ほどの準備期間をおいて、春ごろに「核入れ」を行います。

真珠は、「核」のまわりに「真珠層」が何重にも巻くことで出来上がります。

まず、別のアコヤ貝から、外套膜と呼ばれる内臓の一部分を切り出します。
この外套膜が、「真珠層」のもととなります。

母貝の体内に、「核」と「外套膜(真珠層のもと)」を一緒に挿入します。

「核入れ」は人間に例えれば開腹手術のようなもので、熟練の技術と、細かな気遣いが求められます。

核入れを終えた真珠は、1ヶ月ほど静かな海で養生されます。

真珠の核

本養殖(8月〜12月頃)

アコヤ真珠の養殖adobestockによる画像

養生の後、真珠貝を専用のネットに入れて、潮の流れの早い沖合に移し、本養殖が行われます。

そのままにしておくと、カキやフジツボ、海藻類が付着して、真珠貝の成長を妨げてしまいます。 そのため月に2-4回ほど、貝を掃除をして綺麗な状態に保ちます。

貝の状態を見て養殖する場所を移動したり、絶えず気を配る必要があります。

浜揚げ(12月〜1月頃)

真珠の浜揚げ

真珠貝から真珠を取り出す作業を「浜揚げ」といいます。

冬の寒い時期は、「化粧巻き」と呼ばれる、最も美しい真珠層が生まれます。
その化粧巻きを真珠層の最表面に出すように、12月から1月頃に浜揚げが行われます。

もう一年、海に置いて養殖するものを「越物(こしもの)」と呼びます。

製品へ加工する

ネックレスに加工されたアコヤ真珠

浜揚げされた真珠は「入札会」というオークション形式の業者取引を経て、
真珠加工販売業者に手渡されます。

  • 穴あけ → 下処理 → 着色 → 連組 → 製品化

まず最初に、 指輪、ペンダント、ピアス、イヤリング、ブローチなどに使われる「片穴」と、
ネックレスに使われる「両穴」とに分けられます。
「片穴」は片面に一つだけ穴を開けた真珠、「両穴」は穴を貫通させた真珠です。

穴を開けられた真珠は、外部内部の不純物を取り除く下処理を施されます。
その後、多くの真珠は、染料を染み込ませる「調色」といわれる作業を行っていきます。

作業が終わると、片穴の真珠は製品化されますが、
両穴の真珠は、更に「連組み」と呼ばれる作業をおこないます。

これは、大きさ、色、形、光沢を合わせながら糸を通し、ネックレスに組み上げていく地道な作業です。

熟練の職人が丁寧に選別し、一本のネックレスに組み上げていきます。
熟練の技と、美的センスが問われる作業です。

消費者へ

加工業者のによって作られた製品は、製品に加工した状態で、もしくは、連(金具をつけていないネックレス)や、ルース(裸珠)のままで、販売店に運ばれます。

デパートや小売店などに展示され、消費者の皆様の目に届く状態になるのです。

まとめ

宇和海と作業船

デパートなどで見られる美しいアコヤ真珠は、自然の海で育ち、生産者が丹精込めて作ったものです。
真珠が作られる背景を知れば、真珠の輝きも、より美しく見えるのではないでしょうか。

以上、アコヤ真珠ができるまでについて解説してみました。ご参考になれば、幸いです。

参考文献

『えひめ発 真珠ものがたり』 中国四国農政局愛媛統計情報事務所 編 愛媛農林統計協会